先生に感謝を伝えるカード

先生とは、私たちの生活に必要不可欠な存在です。学校では、マナーや礼儀正しい話し方、人助けをすること、責任を持つこと、クリエイティブになること、友情の築き方など、後の人生に役立つ重要なことを教えてくれます。そして、さまざまな分野の知識を得ることができます。

中には、先生が学校生活をサポートをしてくれることから、もう1人の親のように感じる生徒もいます。自分にとって特に大切だと思える先生は誰にでも1人はいることでしょう。ですが、その先生からのお心遣いに対してどのように感謝を伝えればいいか分からないかもしれません。ここでは、先生に感謝の気持ちを伝える方法をご紹介します。

先生に感謝の気持ちを伝えたいなら、サンキューカードが最適です。手作りでも、お店で購入してもいいでしょう。とにかく、先生に渡す手紙を書くことが大切なのです。

まず、学校生活で先生にしてもらったことを3~5つほどリストアップします。この段階では、箇条書きで構いません。伝えたい内容を思い出していきます。例えば、レッスンをサポートしてくれたこと、面白い本を貸してくれたことなどについて書きます。大切なのは、そのことでなぜ彼女に感謝しているのか、理由を書くことです。

次に、自分にとって大切に思える授業中の場面、例えばプレゼンテーションや面白い授業などを思い出し、それをできるだけ詳しく描写してみましょう。なぜその場面が自分にとって大切なのか、どう感じたのか、その状況から何を学んだのかを書くといいでしょう。

その後、先生が教えてくれた大切なことを3~5つ思い出してみましょう。授業中に習ったことである必要はなく、人との接し方、勤勉さや粘り強さ、人前での振る舞いや礼儀作法など、後の人生に役立つであろう教訓などでもよいでしょう。

次に、その先生の好きなところを書きだしてみます。これは、性格や教え方に関連することでもいいです。例えば、先生が自分に対してどのように接してくれたか、笑顔を絶やさずポジティブでフレンドリーに接してくれたことに関して、感謝の気持ちを表すことができます。

ここまでの段階をすべて踏んだら、いよいよ手紙を作成します。書き出しは「〇〇先生へ」で始まり、先生の名前を付け加えます。その後、ここまでの段階をすべて組み合わせて、明確で意味のある文章にする必要があります。

最初の1文には必ず「ありがとうございました」という言葉を含みましょう。文末には先生の幸せや無事を祈る言葉を付け加え、結びの言葉と自分の氏名を書きます。

最後に、手書きするか、タイプするか決める必要があります。手書きの場合は、印象を悪くしないよう読みやすい字で書いてください。手書きの方がより私的な感じが出ますが、昨今ではパソコンでタイプしたものでも問題はありません。

また、手紙が先生への敬意を示すものであることを考えると、あまり言葉を増やしすぎないほうがいいでしょう。言葉を増やすと冗長になりがちです。短くても、心がこもっているほうがいいのです。先生に渡す前に、手紙を読み返して誤字脱字をチェックし、修正します。